技術紹介

受託R&Dサービス

アクティブリンクでは試作機や製品の受託開発及び、コンサルティングを行っております。

詳細を見る

パワーローダーの開発

パワーローダー

[技術的特長]

 人間が出す力の大きさと向きを検出する操作部と、電磁モーターに
よって動作するロボットの腕が機械的に直結しており、ロボットの挙動を人間が直接感じることができること(ダイレクトフォースフィードバック)を特長としています。

 これにより、人間は、自分の操作に対するロボットの挙動をダイレクトに感じることができるため、いわゆる使いこなしが可能で、使い慣れれば慣れるほど習熟度に応じた操作ができるようになります。

 また、従来のマスタースレーブ式の装置に比べ、モーターやセンサーの数が少なくてすみます。


研究用パワー増幅ロボットのご要望を承っております。
詳しくは弊社担当までお問合せください

パワーローダーライト ”PLL”

[技術的特長]

 パワーローダーライト”PLL”は、当社がパワーローダーの開発で培った力制御によるダイレクトフォースフィードバックシステムの構築を前提としており、足裏のペダル部分に備えた6軸力センサーが検出する力の大きさと向きに合わせて脚の動作を追従させ、人間の脚力を増大させることが可能です。ハードウェアスペック上では最大40kg重(約400N)脚力を増大させることができます。

 また、ご購入先の研究機関等での改造に対応することを前提に市販のデバイスを中心に構成しておりますので、ハードウェア、ソフトウェアとも、自由にカスタマイズしていただくことが可能です。

【価格等】
 提供価格は,研究用PLL本体(基本制御ソフト込み)で1890万円(税込)を予定しております。また,ご購入後1年以内に研究状況を公開し、3年以内に研究の成果を他の研究者が再現できる形で公開することをお約束頂くことを前提に「パワーローダー研究開発支援プログラム」の適用を行い900万円の研究開発助成をさせて頂きます。これにより、実質990万円(税込)でのご購入が可能です。
また、オプションで自由にデザイン及びカラーリング頂いた外装を取り付けることも可能です。

【パワーローダー研究開発助成プログラムについて】
 「パワーローダー研究開発助成プログラム」は、PLLをパワー増幅ロボット、パワーアシストロボットなどの、人間の力をアシストするロボットを研究するプラットフォームとして広く使っていただくために、当社が独自に設定した研究開発助成プログラムです。

 PLLをご購入いただいた研究者様が、1年以内に研究の状況をインターネットホームページ(大学等研究室のページ、個人ブログ等)で、可能な限り詳細に発表していただき、3年以内に研究の成果をインターネットホームページや学会発表を通じて、他の研究者が再現可能な形で発表していただくことを条件となっております。

上記条件に同意いただければ、資格等は問いませんので、ぜひご活用下さい。
助成金額は900万円。支給方法はご購入時、営業部までお問い合せください。

お問合せはこちら アクティブリンク営業部まで

パワー増幅システムの開発

平成18年度:
知的クラスター創成事業
岐阜・大垣地域ロボティック先端医療クラスター

  立命館大学 金岡特任教授との共同開発

[技術的特長]

  人間の直感的操作性とロボットによるパワー増幅


研究用パワー増幅システムのご要望を承っております。
詳しくは弊社担当までお問合せください

モータ駆動 下肢用パワーアシスト装具

パワーアシスト装具を脚部に装着し、エンコーダ出力に応じて動作いたします。

研究機関向けの研究用パワーアシスト装具のご要望を承っております。
詳しくは弊社担当までお問合せください

(研究例)

東京大学医学部様では、リハビリ機器の研究の中で、下肢動作支援
パワーアシスト機器を使用頂いております。

モータ駆動 パワーアシスト装具

研究機関向けの研究用パワーアシスト装具のご要望を承っております。
詳しくは弊社担当までお問合せください

(研究例)

立命館大学理工学部金岡研究室様では、岐阜県知的クラスター推進
事業の研究の一環として使用いただきました。

ハイブリッド訓練機の開発

ハイブリッド訓練機は、
久留米大学医学部で宇宙飛行士向けに研究*1された
ハイブリッド訓練法を実現し、
拮抗筋での電気刺激による収縮を、運動負荷とします。
介護予防などへの応用が期待されています。

ハイブリッド訓練機の体験が可能です。
詳しくはこちらをご覧ください

紹介VTRをご覧下さい

*1
(財)日本宇宙フォーラム 宇宙環境利用に関する公募地上研究助成
平成14~19年 久留米大学医学部 九州工業大学


国際福祉機器展2010 パナソニックブースに出展致しました。

詳しくは弊社担当までお問合せください

空気圧式ゴム人工筋

空気圧式ゴム人工筋は、軽量で高出力の直動型エアーアクチュエータです。

ご要望の際は弊社担当までお問合せください

人工ゴム筋の動作原理

骨と筋肉の動き実験器 AL

筋肉が骨を動かす様子を模型で再現する体験学習教材。
大きさ:全長700mm
セット構成:骨格模型,空気圧式ゴム人工筋,注射器,ルアーコック


販売元: ケニス株式会社(大阪市)

ケニス株式会社様オンラインショップはこちら
骨と筋肉の動き実験器 AL

人工筋制御学習キット (学習テキスト付)

このキットでは、ゴム人工筋の基本制御だけではなく、組み込みソフトプログラミング、USBデバイスとPCの通信などを、実践的に学習することが可能です。

サイズ:300×100×120mm
動作圧力:0.2MPa未満
*)別途、エアーコンプレッサが必要となります。

詳しくは弊社担当までお問合せください

技術紹介
受託R&Dサービス

資料請求 お問い合わせ

技術についてのお問い合わせ、資料請求はこちらからご連絡ください。

pi\jbNEXsAbvEt@h